×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

洗車について

洗車について

車のメンテナンスで一番よく行うことといえば、やっぱり「洗車」ではないでしょうか。 最近では簡単にすませようと思えば、ガソリンスタンドでの自動洗車機がラクでいいですよね。 休日などはガソリンスタンドの洗車機の前は長蛇の列になっている、なんてことが結構ありますので、簡単に洗車を済ませる方も増えているのかもしれません。 しかしできることなら手洗いで洗車する方が、機械で行うよりもキレイになるので、時間のある場合は自身で洗車を行うと他のメンテナンスも同時にできるのでお勧めです。 例えば自分で洗車すると、より汚れている場所があれば、その場所を重点的にキレイにできたり、ウインドの洗車は機械では画一的にしかできないため、手洗いの方が圧倒的にキレイになります。 自宅に車庫があって、水が使えるならそこで洗車する方がコスト的にもかからないので、めんどくさがらずにトライしてみてはいかがでしょうか。 愛車は手をかけるほどキレイになるものですよ。

洗車のコツ

手洗いで自分で洗車をする場合、潤沢にお水が使える状態でする方がいいですね。 というのは、まずカーシャンプーで洗う前に、しっかりと水だけで流してしまい、車のボディをぬらしておく必要があるからなのです。 そうすることで、まず砂ぼこりや簡単な汚れを先に落としきっておけば、洗車によるボディのキズがつきにくくなるのです。 最初にしっかりと濡らさずに、いきなりカーシャンプーを使うと、車の塗装に負担がかかってしまうため、キズがつきやすくなってしまうので注意が必要です。 カーシャンプーは、原液をそのまま車のボディに使用してはいけません。 成分がきつすぎることと、泡をしっかりと立てて洗車することで、ボディに負担をかけずに洗車することができるため、ここはきちんとスポンジで泡立てをしてから行うようにしましょう。 シャンプーで洗ったあとに水で流す時も、とにかく車のボディに洗剤が残らないように、入念に流しておくことが大切です。

コーティング剤の効果は

以前は車を洗車したら、缶に入ったワックスというものを車のボディに薄く塗っていっては、それをまたふき取るように、磨くような感じで車一面作業をする必要がありました。 しかし最近では、車のコーティング剤というものが多数販売されるようになり、これがかなり手軽で簡単に車のボディをキレイに保てるように作用するようです。 専門的なものではガラスコーティングという感じで、車のボディに皮膜を作ってしまうものまであり、光沢もかなりよくなるので人気が出てきています。 本格的なものでなくても、洗車をした時に水滴が多少残った状態で、液体状のコーティング剤をスプレーしながら吹き取っていくだけで車のボディがキレイになるというものもあります。 施工も簡単になってきていますし、それだけで車のボディの光沢が得られるため、気軽に使っている方が増えているようですね。 簡単なものでも、洗車したあとになにもしない車よりも、汚れがつきにくくなるようです。

お手軽コーティングで

たくさん出ているコーティング剤、どれを選んだらいいか良く分からない、という場合は、施工のしかたなどを参考に選ぶといいと思います。 本格的なガラスコーティング仕様のものの場合は、施工に多少気を遣う必要があり、日にちてきにも天気がよく風が比較的少ない日で2日ほど要するので、こういった本格的なものを施工して、天候が悪かったり風がキツイなどの日に当たってしまうと、せっかくの施工が失敗に終ってしまう場合があります。 プロはこういった部分を屋内で行う事で細心の注意を払うことができるため、きれいで長持なガラスコーティングをしてくれるというわけです。 大変そうだ…と感じた方は、逆に持ちはあまり良くないですが、お手軽なコーティング剤を、洗車のたびにさっと使う方が無難です。 お手軽なものなら水滴なども気にしなくていいですし、さらっと使うだけなのに愛車のボディにかなり光沢が戻ってくれます。 面倒なかたに特にお勧めですね。

洗車で見落しがちな事

自分で手洗い洗車するとき、かなり気をつけて洗車をしているのに、洗い残しなど見落としがでてしまうことがあるのですが、そういったところはどんな場所が多いか分かりますか? 車のボディそのものは一生懸命洗って、チェックも怠らないと思うのですが、実は車のワイパーブレードをキレイにするのを忘れてしまう方が多いのです。 ワイパーブレードは、洗車のたびに、雑巾などでさっとふき取るようにするだけでいいのですが、車全体がキレイになってしまうと、それだけで満足してしまってワイパーブレードのことを忘れてしまう、というわけです。 ワイパーブレードは汚れたままにしていると、砂ぼこりや細かい汚れがついたままでウインドをふき取ることになってしまうので、せっかく車をキレイにしても、雨が降ってワイパーを動かしたらなんだかキレイにふき取れない…ということが発生します。 ワイパーブレードを洗車のたびにキレイにしておかないと、劣化も早くなりますので注意してください。

ページのトップへ戻る